ミスコンが結んだ恋

“その人の第一印象は最悪でした。大学入学前のオリエンテーションで顔を見るなり「デカっ」って言われたのがその人でした。ムっとしたけど、初対面の人に言い返すほどの気の強さはもっていないので(笑)、ただそのときは睨みつけるのが精一杯でした。その人の印象はその後しばらく最悪の人、でした。だから、大学構内でその人が話しかけてきても、二言三言言葉をかえすくらいでした。なんでこの人こんなに話しかけてくるんだろう、と思っていました。
そんなその人の印象がかわったのは初めてのテストが終わったときです。「テスト何点だった?」いつものとおりその人は話しかけてきました。最初のテストは分厚い本一冊が範囲だったので、わたしは正直うちのめされていました。正直、撃沈していました(笑) 話の流れでその人の点数を聞くと、とてもいい点数で驚きました!聞くと、毎日講義が終わったあと、図書館で勉強しているのだそうでした。わたしは彼が飲み会に参加して楽しかった~!と、言っているような話ばかり聞かされていたので、正直びっくりしました(笑) そのときから、ただたんにチャラチャラした印象だった彼の存在がガラっとかわったのです。
秋になると、学祭シーズンになり、わたしはミスコンに出ることになりました。知らないうちに友達にエントリーされていたのです。見た目がかわいいわけでもないので、最初は躊躇しましたが、貴重な経験にはなるだろうと思い、頑張ってみることにしました。しかし、わたしは特別かわいいわけではないので、やっぱりよく思わない人もいたみたいで、サークルの女の子が悪口を言っているのが聞こえてしまったこともありました。デカくて、かわいくない、とのものでした。泣
でもそのとき、その人が静かな声で「確かにあいつはデカイけど、こんなところで悪口いうお前よりずっとかわいいよ」とその子に静かな声で言い返してくれました。その瞬間、わたしは恋に落ちました。
そこからは、わたしがアプローチし、今では付き合うことになりました。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です